日本市 指導店長 平野 由理

やりたいが尽きないからワクワクが続く。

人に惚れ込んで、社員を志望。

最初は軽い気持ちでした。接客が好きで、日本のものに興味があって、「お店をいちから作っていけるオープニングスタッフって面白そう」と、新店舗のアルバイトスタッフとして入社。最初は右も左もわからず、教わることがいっぱいでした。でも、それがすごく楽しかったんです。理屈ぬきにお店や扱うものを大好きになったからということもありますが、一番の理由は「人」です。じっくり研修をしてくれた近隣店舗の店長さんとアルバイトスタッフ、オープンの手伝いに来てくれた他店店長さんや本社の方。みんな前向きでやさしくて、だけど、芯の強い方ばかり。そばにいるだけで気分が高まりました。全員が仕事に対して真っ直ぐで、働くことを心から楽しんでいる。そんな職場は初めてで、「ここならやっていける」というか、「この中で成長していきたい!」と社員を志望したんです。その頃には3年以内に店長になるという目標も内に秘めていました。これまではモチベーションが続かず一つの職場にすぐ飽きてしまうタイプだったので、友人や両親も私の変化に驚いていました。

社員から店長へ、視野がつぎつぎと広がる。

アルバイトスタッフから社員となり、やがて店長に。お店は同じなのに役割が変わるだけで、やることも考えるステージもガラリと変わりました。会社の経営に近い立場になるほど、求められる知識や考え方が深くなる。その度に自分に足りない部分が浮き彫りとなり、無我夢中で勉強する。つねに挑戦と成長の繰り返しで、意欲が途切れることはありませんでした。

特に難しい挑戦だったのは、人を育てること。だれかを指導するときには、その相手の立場になって考えることが大切です。けれど数年会社にいると、自分が新人だった頃の気持ちからだんだんと遠ざかってしまいます。入社6年目に新入社員の教育を任されたとき、初めは相手との意思疎通がうまくいかず、とても悩みました。そこで自店のアルバイトスタッフ達に、直接私に言うのは緊張してしまう想いや近況を聞き出してもらうなど、お店のみんなで協力して教育に取り組んだんです。私自身も、相手とたくさんのコミュニケーションをとり、仕事に対する考え方をひとつひとつ伝え、共に考えていった結果、今ではとても立派な店長に成長してくれました。私にしてみれば、多くの方に助けられながら教え方を学ばせてもらった大事な経験です。

お客さまへの想いが、成長につながる。

大切なことを教えてくれるのは、社内の人だけではありません。お店にいると、お客さまからも多くのことを学ぶことができます。時にお叱りをいただくこともあれば、自分の気づかなかった商品の魅力を教わることもあります。深く心に残っているのは、お声がけしたことがきっかけで覚えていただき、私の異動先のお店にまで遊びにきてくださったお客さま。スタッフでありながら一個人として見てもらえると、本当にうれしく感じます。私の方でも、ひとくくりに「お客さま」として接するのではなく、「あ、○○が好きな方だな」と、一人の人として出会えるよう心がけています。そんな気持ちが、もっと心地良くお買い物していただくために話し方や案内の順番を工夫しようとか、アドバイスが出来るよう色彩の勉強をしてみようとか、日々の成長にもつながっているのだと思います。

もっと商品や生活に関わるすべてのことに詳しくなって、お客さまにしっかり伝えていきたい。新しく覚えることも、挑みたいことも無限大で、やりがいがつきない。だからずっと楽しい。それが私の中川政七商店です。

平野由理のある一日

9:40 店舗着
早番スタッフに挨拶。店内をお客さま目線で巡回し、修正箇所・改善点等を見つけます。
制服に着替え、スマイルウォーミングアップ。
10:00 出勤
昨日までの売上進捗確認。今月の計画を確認し、即実行すべき対策を考えます。連絡ノートを読み、メールを確認。本社からの共有事項を連絡ノートに追記。早番スタッフから報告を受け、今日の目標・TODOリストなどを共有。
10:15 接客・業務
店内で接客対応。発注・納品などの業務も同時に遂行。
売上対策として売り場演出の修正を決定、スタッフと共有し共に実行します。
11:30 遅番スタッフに挨拶
伝達事項を話し、今日の目標・TODOリスト・進捗・売上対策などを共有。
14:00 昼休憩(1時間)
周辺店舗を巡回後、店舗のバックヤードで昼食。食事休憩の間に、社内報「こころね」を読んだり、ネットで情報収集したり。
18:30 メール確認
新着メールの共有事項・スタッフへの伝達を連絡ノートに追記。明日やるべきことを自分のTODOリストに記入。
18:45 伝達
遅番スタッフへ、今日残り1時間にやるべきことや明日に引き継ぐ内容を伝えます。
19:00 退勤

日本市 指導店長

平野 由理

1987年兵庫県生まれ。大阪デザイナー専門学校卒。粋更kisara梅田ハービスENT店(現在は閉店)の店舗アルバイトスタッフとして2009年入社。2010年に正社員となり、2012年より同店の店長に。以後、様々な店舗の店長を歴任し、現在は自らも店舗で勤務しつつ新人店長の育成にも取り組んでいる。

中川政七商店採用情報へ
ページ上部へ