中川政七商店ブランドユニット 萩原 由起子

お店は、まだまだおもしろくなれる。

私をガラリと変えた会社。

もともとは「自分の可能性をどんどん開拓する」というタイプじゃなかったんです。店舗アルバイトスタッフとして入社2年目に社員となり、間もなく店長に。まだ自分には無理だと思ったんですが、上司にすすめられて梅田の「粋更kisara」を任せてもらったらすっかりやりがいを感じてしまって。気づけば、自ら手を挙げて丸の内店の店長として東京へ。やがて、もっとたくさんの人の関われる仕事がしたくなりスーパーバイザーも兼任。自分の変化にビックリしています。普通の会社なら「店長は店長の仕事だけすればいい」で終わりでしょうけれど、中川政七商店の場合、自分で枠さえつくらなければどんどん次のステップがある。「ここまででいい」というラインを引かない会社のスタンスに、いい影響を与えられましたね。

とは言え、東京時代は本当に大変でした。任された直営店は、うちのオリジナル商品に加え、各地の工芸メーカーの商品を常設販売するお店。2週間に1度、メーカーさんが変わるたびに大きな入れ替えがあったんです。つねに催事をしている感覚で、設営と撤収を繰り返して1年半。すごくきつかった(笑)。でも、全国からつくり手の方が来られて、つくり手も売り手もいっしょに夜中まで設営するうち、お互いの信頼関係も深くなりました。辛さも喜びも含めて、あの経験は今も私の財産です。

現場で培った経験を、店舗運営に生かす。

現在は中川政七商店ブランドユニット(以下BU)という部署に所属しています。ここは、商品開発に始まり、パッケージのデザイン、店頭でどう販売していくかなど、つくるところから売るところまで一貫して考え、ブランドをつくり上げていくチームです。なのでBUには、デザイナーもいれば、私のような店長経験のある人間もいる。それをブランドマネージャーが統括しています。

私が担当するのは、中川政七商店ブランド全店舗のマネジメント。一日の仕事は、各店舗の日報に目を通して店長のコメントを読み、気になることの個別対応からはじまります。店長経験があるぶん、コメントから感じられることも多いんです。お店の雰囲気がいいなとか、コンディションが落ちてるなとか。もし難しい状況にあっても、社員一人ひとりに成長してほしいので、できるだけ自分で考えてもらえるように意識しています。

また、1年間の店舗イベント等のスケジュールを決定するのも大切な仕事のひとつ。商品企画から販売までを同じ会社内でやっているからこそ、商品企画からの目線と、店舗からの目線の両方を取りいれて、1年間のスケジュールへと落とし込むことができます。私は店長経験者なので、お客さまはこんなふうに見るはず、と想像しながら積極的に意見を出しています。本社と店舗の橋渡し役として、企画した新商品の狙いをまっすぐブレなくお店に伝え、意図通りに展開することで、その価値をお客さまに正しく評価してもらうのが私の役目。ものづくりのスタートからお客さまの手に渡るまで、一本の線ですっとつながる瞬間を実感できたときは、何よりうれしいですね。

地域おこしのできる店長が増えたらいい。

現在は本社で勤務していますが、私の原点であり、モノを通して人がつながる場所であるお店が、やっぱり今でも大好きです。お店がもっと楽しく、魅力的な場になればいいといつも考えていて、それがお客さまにも伝わり、好きになっていただければ、結果的に日本の工芸を元気にすることにもつながると思うんです。だからこそ、実はもう一度、店長をやりたい。今よりもっといろんなスキルを身につけたら、それを店長という立場で発揮してみたい。たとえば、企画ができる店長がいたり、コンサルティングができる店長がいたら、中川政七商店も、そのお店がある各地域も、もっとおもしろくなると思うんです。そういうことを本気で考えられるのが、この会社の良さだと思います。

萩原由起子のある一日

8:50 出社
9:00 ブランドユニット朝ミーティング
今日の予定や連絡事項をメンバーと共有します。
9:10 メールチェック、各店舗の昨日の日報チェック
9:45 個店対応
売上、商品在庫、ディスプレイなど、対策が必要な店舗へ指示。店長からの質問に対応します。
10:30 企画展アイテムリストの作成、店舗へ配信
12:30 昼食
近くのお店で違う部署のスタッフとランチを兼ねて情報交換。
13:30 直営店予算進捗メールの配信
14:00 次期出荷商品の上代決定会議
新商品の販売上代や商品名、売り方を決めます。
16:30 開店予定の店舗設計打ち合わせ
17:30 翌日の会議の資料準備
18:00 退社

中川政七商店ブランドユニット

萩原 由起子

1982年奈良県生まれ。同志社大学卒。遊 中川の店舗アルバイトスタッフとして2007年入社。2009年から粋更kisara梅田店、丸の内店で店長を務め、2012年直営店スーパーバイザーに就任。現在は中川政七商店ブランドユニットに所属し、店舗の運営管理を担う。

中川政七商店採用情報へ
ページ上部へ