2017年 準社員・アルバイト入社

初見 幸夫正社員

企画デザイン職を経て就いた、
責任ある販売の仕事

物心ついた頃から、何かを作ることが好きでした。

学校の授業なら、断然図画工作が得意だったし、家に帰った後も休みの日も、気がつけばいつも手を動かしている。そんな子ども時代を過ごしました。大学ではデザインを専攻し、卒業後は財布など皮小物の企画やデザインをする仕事に。それはもちろん、好きが高じてですが、何よりものづくりの発信源を見ておきたいという気持ちからでした。

3年くらい働いた後、「紹介する仕事、つまりは販売の仕事に就きたい」と考えるようになりました。というのも、自分で作ることも好きだったけれど、作ったものを誰かに紹介することが、もっと好きだったからです。

「日本の工芸を元気にする」という中川政七商店のビジョンに共鳴できたことが、ここで働きたいと思った一番の理由です。手仕事、つまり工芸の世界は、商品の素晴らしさは格別な一方、後継者問題や販路の確保など、様々な問題を抱えている。そのことは前職時代から感じていることでした。商品の素晴らしさを伝え、購入いただく。中川政七商店の販売職という立場は、そういうつくり手の方々のお役に立てる仕事だと思いました。

実は、中川政七商店での仕事はアルバイトから始めています。以前は正社員として働いていたので、アルバイトスタートが全く気にならなかったと言えば嘘になります。でも、中川政七商店で販売という仕事をすることは、次の自分の道だと思っていた。だから、迷いはありませんでした。

とはいえ、正社員登用試験に合格したのは、仕事を始めて2年が過ぎてからと、少し遅いんです。入社の段階からいつかは正社員にという気持ちを持っていたので、「随分時間がかかってしまった」というのが本音です。

中川政七商店では「仕事は仕事。雇用形態は関係ない」という考え方が、浸透していて、フロアに立つ全員が責任感を持って仕事をしています。お客様から見たら、社員かアルバイトかなんて、関係ないですしね。でも、アルバイトから正社員になった時、大きな違いを感じたんです。それは、責任感ではなくて、責任です。お客様と接するアルバイトスタッフが判断に困ったり迷ったりすることがあれば、社員である僕に相談が来る。実際に発生する責任の重みを感じながら、「最後の砦だ」という緊張感をいつも持っています。

つくり手さんのファンを
増やせることが、喜び

仕事を通じて感じる一番の喜びは、商品をおすすめする中でお客さまが気に入ってくださること。「色違いを集めてみます」といった言葉をいただくときは、特別に幸せな気持ちになります。お客様の日々の暮らしの中での楽しみを増やせたことも嬉しいし、つくり手さんのファンを増やせたことも嬉しい。

販売の仕事は、「ちゃんと送り届ける」ことだと思うんです。誰かが企画して誰かが作った商品を、僕たちが販売する。購入した方が使うのか、誰かにお贈りするのか。つくり手と使い手の間の立場として、つくり手の方々のことを思い浮かべながら、商品ができるまでの苦労や努力、様々なエピソードも伝えたい。たくさんの人の思いを汲みながら、店頭に立ちたいと思っています。

例えば、波佐見焼のつくり手馬場さんのエピソードは、お客様によくさせていただくお話のひとつです。波佐見焼とは、もともとは有田焼の下請けのような位置付けだったこと。今にも潰れてしまいそうな経営状態の中で、独自のブランドHASAMIを誕生させた時の思い。もちろんそこには、中川政七商店の工芸を元気にしたいという思いもあります。

20代の馬場さんの情熱や苦労を知っていただくことで、皆さんが、商品そのものをより一層好きになってくださる。つくり手の皆さんのことを応援しようと思ってくださる方が増えれば、こんなに嬉しいことはありません。

接客に喜びを感じる人を
育てていきたい

販売をしている以上、購入していただかなければお店は成り立ちませんが、綺麗事ではなくて、ただ購入いただくだけというのもやっぱり寂しい。やはり、「中川政七商店に来てよかったな」と思っていただきたい。お客様をもっと喜ばせたいと思うんです。

でも最近はそれだけではなくて、「お客様を喜ばせたい、接客が楽しい」と思える人をもっと増やしたいという気持ちも芽生えてきました。だからこそ、店長を任せていただけるだけるよう、まず個人として成長したいし、その先には、店長として人を育てたいという目標があります。

だって、自分一人が想いを込めて接客をするよりも、同じ想いの人を増やしていく方が、つくり手さんのファンは増やせるし、日本の工芸に関心を持つ人を増やすことができるから。僕は、店頭から、日本の工芸を元気にしていきたいんです。

他のインタビューを見る

和田 理沙子準社員

2018年 準社員・アルバイト入社

小川 千紗アルバイト

2019年 準社員・アルバイト入社

北林 薫正社員

2014年 準社員・アルバイト入社